>>下水道とは >>下水道Q&A
下水道とは   公社の案内   浄化センターの紹介   下水道普及率  
下水道の役割
下水道の種類
下水道のしくみ
生活排水とは?
正しい下水道の使い方
下水道Q&A
   
下水道 Q&A

 浄化センターに、高松市国分寺町の小学5年生のA子さんから次のような質問が寄せられましたので紹介します。

Q1. どうゆう所のよごれが来るのですか?
A1. よごれた水は、家庭のトイレの流した水、お風呂の使ったあとの水、せんたくの水などです。また、工場、学校、病院などからもたくさんのよごれた水がでてきます。なお、香東川浄化センターには、高松市、国分寺町、香南町、香川町の市や町から下水道管をとおって流れて来ています。

Q2. はい水は、どのようにしてきれいにするのですか?
A2. 細菌や原生動物のような目に見えない微生物を活性汚泥といいますが、浄化センターでは、流れて来たよごれた水にこの活性汚泥を混ぜて空気をふきこみます。すると、活性汚泥は次第によごれをたくさん食べて、大きなかたまりとなります。ここで、空気のふきこみを中止すると、活性汚泥は下に沈み、上には金魚の住めるようなきれいな水に生まれ変わります。そして、最後に上ずみ水を消毒し瀬戸内海に流しています。

Q3. 一日にどの位の水が送られてくるのですか?
A3. 香東川浄化センターには、一日に約26,000立方メートルのよごれた水が流れてきます。この量は小学校のプール(25メートル・5コース)約65はい分になります。

Q4. 職員は何人いるのですか?
A4. おじさんの勤めている浄化センターには職員が6人で、他に浄化センターにある機械、電気などの点検などをしている人が10人ほど働いています。

Q5. 1リットルをきれいにするのに費用はどのくらいかかるのですか?
A5. 風呂の浴槽1杯分(200L)をきれいにするのに約10円位必要です。

以上です。

下水道に興味のある方は、Aさんのように質問をお寄せください。

連絡先 TEL 0877−46−2025
FAX 0877−46−2046
  
      
 
Copyright (C) KAGAWA prefectual Sewerage Public Corporation All rights reserved.